自毛と人工毛、植毛はどっちがいいの?

髪の毛の植毛手術を検討しているけれど、自分の毛を使う自毛か人工の毛を使う人工毛か悩んでいる。


もし、そんな悩みを抱えているようでしたら、自毛と人工毛のメリットとデメリットを見た上で決めるようにしてみては。頭皮に髪を植える植毛手術と言っても、自毛と人工毛ではメリットとデメリットも異なっています。どんな効果があるか、どんな問題があるか。

その点も踏まえてから、どちらの方法を選ぶか決めるべきです。

自毛のメリットとデメリットは髪が自然的に生え体に拒絶反応が出ないこと、植える髪の本数に限りがあり手術を数回しなくてはならないことです。

自毛は側頭部や後頭部に生えている毛を使いますので、頭皮に植えても体は拒絶反応を起こしません。



毛根が頭皮にしっかり定着すれば、普通の毛と同じように伸び抜けてもまた生えてきます。
ただし植える用にする髪を側頭部などから大量に摂れないために、一回の施術で植毛できる数には限度があるのです。

愛知でできる植毛に関するサポートサイトはここです。

さらに密度を濃くするには、数回は手術する必要があります。

人工毛のメリットとデメリットは一度に大量の髪を無制限に植えられること、人工的な毛であるために植えると体に拒絶反応が出やすいことです。

愛知県で自毛植毛したいんですけど…

自毛ですと採れる毛には制限がありますが、人工毛は好きな量を制限なく植えられます。

髪の長さも選んで植毛できるので、好きなヘアスタイルに仕上げることができます。

ただし、人工毛は自分の体の一部ではない異物ですので、植えると体が拒絶反応を起こす可能性もあります。

人工毛に拒絶反応が起こる可能性はありますが、術後のケアで起こる割合も低くできます。

自然な感じに髪を増やしたいか、何度も手術せず一度の手術で済ませたいか。
希望も人それぞれあるでしょう。

メリットとデメリット、自分の希望も照らし合わせて、よく吟味を。